MENU

箕面市民病院 移転 新病院建設はどうなるか

<スポンサードリンク>

<箕面市民病院 ※右側の白い建物>

 

箕面市立病院は、昭和56年に開院してから36年が経過し、施設や設備の老朽化並びに陳腐化が進行している。

そこで新病院の建設が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、本市においても市税収入の減少により、財源不足に陥る可能性があることから、

「白紙化」が検討されている状況である。

建築スケジュールは21年中に着工し、23年中の竣工を予定を予定していたが、どうやら始まりそうもない。

 

「箕面市新改革プラン」概要

令和3年2月に「箕面市新改革プラン」というものを発表している。

内容は財政改革であり、コロナウイルスの影響を受け、今後どのようにしていくかといった内容であるが、主は財源確保の為の様々な「削減」である。

その一つとして、箕面市民病院の新病院の整備・運営形態の再検討が含まれているわけである。

現箕面市民病院の跡地には、(仮称)船場小学校整備がされる予定であったが、こちらも再検討となっている。

リンク:「箕面市新改革プラン」

 

現状の移転先予定地

新駅が建設中である箕面船場阪大前駅の近くに移転する予定となっている。

COM1号館という建物の跡地に建設する。

 

※箕面市民病院HP引用

 

(仮称)船場小学校 建築スケジュール

現病院の跡地には小中学校が建設される予定となっている。

現病院の解体工事は24年中に実施し、学校建築工事を2026年まで行い、2027年4月の開校予定となっている。

<建築スケジュール ※箕面市HP引用>

 

マップ

<現病院・新中学校建設予定地>
住所:〒562-0014 大阪府箕面市萱野5丁目7−1

<新病院移転予定地>
住所:〒562-0035 大阪府箕面市船場東1丁目1−38

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる